株式会社シャノアール 2019新卒採用サイト

新卒採用エントリー

川上 敦史

おいしいコーヒーは、
自分の中にある。

商品部 商品課

川上 敦史

商品部で食材の購買、コーヒーの味調整や研修などを担当しています。5年前にブラジル研修に参加し、コーヒー鑑定士の資格もとりました。研修に応募したのは、「コーヒーのおいしさってなんだろう?」と疑問に思ったのがきっかけです。飲み比べると味はたしかに違うけれど、おいしさの違いについては語れない。本場のブラジルに行けば「これが最高だ」という味に出会えるんじゃないか。そう思ったからです。

現地では1000種類もの豆を飲み比べました。講師にマンツーマンで味の違いも教えていただき、また生産者の皆さんともふれあい、コーヒーという飲み物の豊かさ、多様性を肌で知りました。そしてわかったのは、最高のコーヒーは遠いどこかではなく、自分の中にあるということ。自分が一番おいしいと思ったコーヒーが、最高のコーヒーなんです。

川上 敦史

ブルーマウンテンといえば日本では高級豆の代名詞ですが、西欧ではもっと力強い味が好まれる。結局、嗜好は国や人によって千差万別なんです。だからこそ、淹れ方と品質にこだわり、最高の状態で提供する必要があるわけです。
コーヒーマシンの状態や店舗ごとの水質でも味は変化します。定期的に全国をまわってその調整をするのですが、味覚の鋭さを失わないため前日はお酒を控え、味の濃い料理も避けます。そうした制約はあってもやりがいは大きいです。
商品部の一員として、将来は新商品の提案もしてみたいですね。そういえば今週末からはイタリア視察。日本にまだない美味しいものを探してくるので、ご期待ください(笑)。

川上 敦史